素人が修理するのは危険?

素人が修理するのは危険?

素人が修理するのは危険? アンティーク家具は、長く使用していればどうしても傷がついてしまったり、汚れが目立つようになってしまったり、一部のパーツが取れてしまったというようなことも多くなります。アンティーク家具の中には繊細なデザインになっているものや細かい装飾が施されているものも多く、元通りに修復するには経験や技術が必要です。
ですから素人が、自分で修理を行うのはあまりお勧めできません。もし失敗してしまったら、取り返しがつかないからです。アンティーク家具ならではの風合いが台無しになってしまうこともあります。
アンティーク家具の修理は、プロに任せる方が断然綺麗な仕上がりになります。長い歴史をかけて培われてきたその家具の持つ風合いは、高い技術がないと再現できないことも多いからです。素人が修理をした場合には、どこか新しい家具のように見えてしまうこともあります。また、プロに任せると、材質や特性に合わせた補修を行うことで今後も長持ちさせることができます。

アンティーク家具にオススメの塗膜の剥離剤

アンティーク家具にオススメの塗膜の剥離剤 アンティーク家具は、ヨーロッパの職人が全て手作りで生産していたころの家具のことで、独特の温もりがあるということから世界中に多くの愛好者が存在しています。また、実際に使われてきた歴史を積み重ねているので、一つひとつが完全にオリジナルであり、オンリーワンであるということも人気の理由です。

さらに、アンティーク家具は日々のメンテナンスにより、さらに魅力的なものに変化させられるということが可能で、手を加えれば加えるほど自分好みに仕上げることが出来ます。しかも、元々の作りが頑丈なものが多いので、失敗したからといってダメになるという心配はありません。

例えば、塗装が古くなっている場合には細かいやすりなどで被膜ギリギリまで削っても現代家具のように薄い板は使用していないので、壊れるということはありません。また、剥離剤を使用するときでも同様で、現代家具よりは選択肢の幅は広くなっており、シンナーでも十分に対応できます。

新着情報

◎2018/3/8

素人が修理するのは危険?
の情報を更新しました。

◎2018/1/10

アンティーク家具の買い方
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「家具 素人」
に関連するツイート
Twitter